preg_replace(): The /e modifier is deprecated, use preg_replace_callback instead Error File: /eccore/view/template.php at 350 line.

サイトマップ | 広告について | 利用規約 | セキュリティと免責 | プライバシーの考え方 | 会社概要 | 苏ICP备08017532号-1

当サイト内のコンテンツ・文章・画像など一切の著作権は苏州中大通信息有限公司に帰属します。经营许可证编号:苏B2-20100142/苏B2-20100141

系统信息-- Powered by SJB2B

preg_replace(): The /e modifier is deprecated, use preg_replace_callback instead Error File: /eccore/view/template.php at 350 line.

サイトマップ | 広告について | 利用規約 | セキュリティと免責 | プライバシーの考え方 | 会社概要 | 苏ICP备08017532号-1

当サイト内のコンテンツ・文章・画像など一切の著作権は苏州中大通信息有限公司に帰属します。经营许可证编号:苏B2-20100142/苏B2-20100141

系统信息-- Powered by SJB2B

preg_replace(): The /e modifier is deprecated, use preg_replace_callback instead Error File: /eccore/view/template.php at 350 line.

サイトマップ | 広告について | 利用規約 | セキュリティと免責 | プライバシーの考え方 | 会社概要 | 苏ICP备08017532号-1

当サイト内のコンテンツ・文章・画像など一切の著作権は苏州中大通信息有限公司に帰属します。经营许可证编号:苏B2-20100142/苏B2-20100141

マイページ - アドレスリスト
もっと見る

ツアー

最新中国丁弁護士の法律講座
民事訴訟法適用の解釈について解剖する(上)
最終更新: 2015-04-01 11:21:52

 1.jpg

   二年間に及ぶ草案検討と五回の審議委員会討論を経た、史上最長の司法解釈「『中華人民共和国民事訴訟法』の適用に関する解釈」(以下「本解釈」という)が今年2月4日より施行されました。そこで本誌では三回にわたり、この最新民事訴訟法の司法解釈について詳しく紹介したいと思います。


当事者の訴訟権利の保障
①訴訟の受付登録制度を確立
 今回の司法改革で最も注目されたのが、訴訟の受付審査制から受付登録制への変更です。本解釈は、「人民法院が、当事者が提出する民事訴状を受け付け、民事訴訟法第百十九条に満たし、かつ第百二十四条に属していない場合は、受付登録するものとする:その場では訴訟の提出条件に一致するかどうかが判明できない場合は訴状書類を受け取り、かつ期日付の証明書を当事者に渡すものとする」と規定しています。
②訴訟撤回の条件を明確
 第二審や再審の期間内に原訴訟の原告が訴訟撤回を申し立て、相手方の同意を得て、かつ人民法院が国家利益や社会と公衆利益に適い、他人の合法利益に損害を与えないと判断した場合に限り、同法院は撤回申請を許可し、同時に一審判決の取消も裁決するものとします。なお、原訴訟の原告が訴訟撤回を申請し、それが人民法院の同意を得た後に、再び同様の内容で訴訟を提起したとしても、同法院はそれを受理しないと規定されました。
③反訴の提起する要件を詳細化
 本解釈では反訴を申し立てる要件を詳細化しました。反訴と本訴の訴訟請求は同一の法律関係に基づき、因果関係があり、或いは反訴と本訴の訴訟請求が同じ事実に基づく場合、人民法院は併合審理すべきものとします。
④「一事不再理」原則の認定を標準化
 本解釈に基づき、下記の三つの状況は提訴重複となります。
ⓐ後訴と前訴の併合審理が一致する場合。
ⓑ後訴と前訴の被告が一致する場合。
ⓒ後訴と前訴の訴訟請求内容が一致する、或いは後訴の訴訟請求が前訴裁判決の否定となる場合。
 また、他の条款には②で説明したような一事不再理の状況も定められています。
⑤請求の変更及び増加の条件を詳細化
 訴訟請求の変更及び増加の条件を詳細化にしました。民事訴訟を受け付けした後から口頭弁論の終結に至るまでの間に、併合審理による訴訟請求の増加の申し立てや被告が反訴を提起する及び第三者が本訴に関連する訴訟を提起する場合、人民法院は併合審理を行うべきとされています。
 なお、第二審で原訴訟の原告が訴訟請求の増加を申し立てる場合、第二審人民法院はまず当事者の意思で増加する訴訟請求に対して調停することになります。この際、調停が不成立の場合、当事者に改めて訴訟提起を告知します。両方の当事者は第二審人民法院が併合審理を同意する場合のみ、併合審理できることとなります。
 具体的には、再審の期間内、下記の四つの状況にあると認められた場合、人民法院は当事者が訴訟請求の変更及び増加に同意すべきとされています。
ⓐ当事者を召喚していなかったために、当事者を遺脱し、違法な欠席判決をし、当事者の訴訟権利に影響を与える場合。
ⓑ新たに訴訟当事者を追加する場合。
ⓒ訴訟目的物が滅失、或いは変化により、原訴訟請求が実現できなくなる場合。
ⓓ当事者が訴訟請求の変更及び増加を申し立て、或いは当事者が提起する反訴が改めて訴訟を提起することで解決できなくなる場合。
⑥当事者、訴外者、第三者の権利を守る
 本人の責任に帰属できないような事情で訴訟に参加できず、効力が発生する判決や裁定・調停書の一部或いは全部が誤っていたり、及び効力が発生する判決・裁定・調停書が第三者の権利・利益に損害を与える場合、その第三者は法定期間内に、効力が発生する判決や裁定、調停書に対する取消訴訟を提起することができます。なお、これらは第三者が証明できる時に限ります。


司法公開の保障
①第二審、再審が開廷審理を行わない事由に制限
 第二審の期間内、下記事由のいずれに該当する場合は、開廷審理を行わなくてもよいとされます。
ⓐ受付拒否、管轄異議却下、訴訟却下等の裁決に不服の場合。
ⓑ当事者の上告理由が明らかに成立しない場合。
ⓒ原判決、裁定の事実認定が明らかになっているが、その適用法律に誤りがある場合。
ⓓ判決が法定手続に違反し、原審人民法院に差し戻し審理させることが必要とされる場合。
 再審は第二審の訴訟手続で審理すべき特別な事情があり、或いは両方の当事者が他の方法で意思を表し、書面で公判しないという事に同意する場合に限って、公判しなくても良いとされています。
②裁判文書の水準を引き上げ、及び裁判文書の調べ方法と範囲を特定
 最高人民法院・司法解釈研究組の主任である孫佑海氏は、「最高法院は現在、民事訴訟書式例を作成しており、操作規程を制定し、全面的に民事訴訟に関する訴訟文書を整理し、規範化しています。裁判文書の調べ方や範囲も特定となります」と話しました。

お問い合わせ

サイトマップ | 広告について | 利用規約 | セキュリティと免責 | プライバシーの考え方 | 会社概要 | 苏ICP备08017532号-1

当サイト内のコンテンツ・文章・画像など一切の著作権は苏州中大通信息有限公司に帰属します。经营许可证编号:苏B2-20100142/苏B2-20100141