preg_replace(): The /e modifier is deprecated, use preg_replace_callback instead Error File: /eccore/view/template.php at 350 line.

サイトマップ | 広告について | 利用規約 | セキュリティと免責 | プライバシーの考え方 | 会社概要 | 苏ICP备08017532号-1

当サイト内のコンテンツ・文章・画像など一切の著作権は苏州中大通信息有限公司に帰属します。经营许可证编号:苏B2-20100142/苏B2-20100141

系统信息-- Powered by SJB2B

preg_replace(): The /e modifier is deprecated, use preg_replace_callback instead Error File: /eccore/view/template.php at 350 line.

サイトマップ | 広告について | 利用規約 | セキュリティと免責 | プライバシーの考え方 | 会社概要 | 苏ICP备08017532号-1

当サイト内のコンテンツ・文章・画像など一切の著作権は苏州中大通信息有限公司に帰属します。经营许可证编号:苏B2-20100142/苏B2-20100141

系统信息-- Powered by SJB2B

preg_replace(): The /e modifier is deprecated, use preg_replace_callback instead Error File: /eccore/view/template.php at 350 line.

サイトマップ | 広告について | 利用規約 | セキュリティと免責 | プライバシーの考え方 | 会社概要 | 苏ICP备08017532号-1

当サイト内のコンテンツ・文章・画像など一切の著作権は苏州中大通信息有限公司に帰属します。经营许可证编号:苏B2-20100142/苏B2-20100141

マイページ - アドレスリスト
もっと見る

ツアー

古鎭の旅
最終更新: 2015-08-04 12:05:59

 蘇州に住んでいるんだから、市内をぶらりしていても…という人は、ちょっと郊外にを向けよう。東洋のベニスと称される蘇州だけに、水の豊かな土地である江南地方。特に南北交易の中心とされた大運河沿いには小さな村が点在し、今も昔ながらの姿留めている。それが水郷古鎮だ。実は蘇州近郊には様々な古鎮が残るが、特にオスメは江南三明珠と称される水郷古鎮。周荘、同里、甪直の3つで、周荘なんかは上海のガイドブックでお馴染みだが、実は蘇州市内から車で一時間圏内にある。今回は、そんな三明珠までのバス旅を紹介しよう。

▲周荘で有名な茶館・阿婆茶では、蘇州の伝統芸能・評弾も観賞できる。
▲瀋万山の子孫が建てた瀋亭は清・乾隆年間の建造。
   昔ながらの技法で糸を紡ぎ、機を織る。歩いていると、こんな景色にも出会える。
 元代に大富豪の瀋万山という人が水運のために、村に水を引いてきたのが始まり。徐々に発展し、明清代には最盛期を迎え、今も1000近くある住宅のうち、実に6割が当時に建てられたものだ。
そんな古き良き面影を色濃く残す古鎮であるが、上海から気軽に訪れることができる観光地として、どのガイドブックでも紹介されているためか、近年、観光化が進み、運河沿いの道はほぼレストランか土産店の類い。狭い路地を歩くと両側から声がかかり、断りながら歩く羽目になる。静かな佇まいを期待しているとがっかりするかもしれない。
したがって、最も古鎮の風情を楽しむなら、そんな声のかからない船に乗るのがオススメ。船頭さんによる歌を聞きながら、双橋を始めとする明清代建造の橋を、船上からゆっくり眺めることができる。なお、鎮内は広いので、全部見て回ると半日はかかるので午前中から出かけたい。
 周荘から西に約15㎞、車で20分ほどの距離にある水郷古鎮。宋代から発展し、明清代に大いに発展した。特に状元1名、進士42名と多数の科挙合格者を輩出したことでも知られている。
同里の最大の特徴は、世界遺産にも登録されている蘇州園林・退思園があることだ。退思園は代理按察使を務めたものの、弾劾免職に遭い、失意のまま故郷に戻ってきた任蘭生によって建造された庭園。清末と比較的新しい時期に建てられたためか、歴代の蘇州園林の要素が全て詰まっているとされる。また本園は池に浮いているように設計されており、貼水園とも称されている。
なお同里も周荘に負けず、観光地化が進んでおり、特に運河沿いは店ばかりだ。とはいえ、園内には退思園や中国性文化博物館など見所が多く、避難すべき場所があるというのがポイントかもしれない。
▲同里名物の鵜飼い。実演を見ることも可能だ。
▲世界遺産にも登録されている退思園。訪れたら、必ず立ち寄りたい。
▲裏道のそぞろ歩きも楽しい。

▲唐代の著名な彫刻家・楊恵之によって掘られた保聖寺の羅漢像。全国重点文物保護単位に指定されている。

 園区・鐘南街から約15㎞と、三明珠の中では最も蘇州から近い水郷古鎮。呉の伍子胥によって蘇州が形成される頃には存在していたと言うから、実に2500年以上の歴史を持つことになる。
 周荘、同里に比べ、観光地化は遅れており、入口付近こそ商店が並ぶものの、奥は昔ながらの庶民の生活エリア。要するに何もないのだが、どこかのどかな雰囲気が漂っている。犬や猫など、やたら動物が道端に寝そべっている姿が印象的だ。
 甪直に来たら、ぜひとも立ち寄sりたいのが梁武帝年間(503年)に建造された保聖寺。中でも唐の時代に塑聖と称された彫刻家・楊恵之により彫られた羅漢像は必見だ。
 鎮内はあまり広くなく、かつ変身写真館ばかりで見るべきものもないため、1時間もあれば見て回れるが、運河を眺めながらボーと過ごしたいという人にはピッタリの水郷古鎮だといえる。 

▲甪直で有名な三元橋は清代初期の建造。花崗岩を切り出し、作られた。

      
ページビュー 534

サイトマップ | 広告について | 利用規約 | セキュリティと免責 | プライバシーの考え方 | 会社概要 | 苏ICP备08017532号-1

当サイト内のコンテンツ・文章・画像など一切の著作権は苏州中大通信息有限公司に帰属します。经营许可证编号:苏B2-20100142/苏B2-20100141