preg_replace(): The /e modifier is deprecated, use preg_replace_callback instead Error File: /eccore/view/template.php at 350 line.

サイトマップ | 広告について | 利用規約 | セキュリティと免責 | プライバシーの考え方 | 会社概要 | 苏ICP备08017532号-1

当サイト内のコンテンツ・文章・画像など一切の著作権は苏州中大通信息有限公司に帰属します。经营许可证编号:苏B2-20100142/苏B2-20100141

系统信息-- Powered by SJB2B

preg_replace(): The /e modifier is deprecated, use preg_replace_callback instead Error File: /eccore/view/template.php at 350 line.

サイトマップ | 広告について | 利用規約 | セキュリティと免責 | プライバシーの考え方 | 会社概要 | 苏ICP备08017532号-1

当サイト内のコンテンツ・文章・画像など一切の著作権は苏州中大通信息有限公司に帰属します。经营许可证编号:苏B2-20100142/苏B2-20100141

系统信息-- Powered by SJB2B

preg_replace(): The /e modifier is deprecated, use preg_replace_callback instead Error File: /eccore/view/template.php at 350 line.

サイトマップ | 広告について | 利用規約 | セキュリティと免責 | プライバシーの考え方 | 会社概要 | 苏ICP备08017532号-1

当サイト内のコンテンツ・文章・画像など一切の著作権は苏州中大通信息有限公司に帰属します。经营许可证编号:苏B2-20100142/苏B2-20100141

マイページ - アドレスリスト
もっと見る

ツアー

人事労務問題を一挙に解決!
企業管理職の労務関係をいかにして管理するか?
最終更新: 2014-08-07 09:41:44

1.jpg

  2012年11月、B社はヘッドハンティング会社を通して曾氏と連絡を取り、面接後内定を通知、内定には以下の明記があった:曾氏をB社の財務ゼネラルマネージャーとし、期限は2年、年俸50万元。その後 曾氏はB社に勤めたが、2014年3月、同氏は労働仲裁を申し立て、B社に対し未締結の労働契約による二倍給与 45万元および残業代18万元の支払いを請求した。


弁護士による分析:
1、未締結の労働契約による「二倍給与」とはどういうことなのか?
2008年以前は、ある企業は事業主義務を逃れるため、社員との書面による労働契約を拒み、社員の利益を損なうとともに権益保護の困難を増大させた。2008年≪労働契約法≫(中国語名:労働合同法)が施行され、事業主と労働者は一か月以内に書面による労働契約を結ぶことが明確に規定され、事業主が速やかに当義務を果たさなかったり、速やかに書面による労働契約を結ばないものには、労働者へ「二倍給与」の支給が罰則となる。(最高11か月を超えない)

 

2、曾氏は「二倍給与」を受け取れるのか?
「二倍給与」の規定は弱者となる労働者側の利益の保護のためであるが、曾氏は財務ゼネラルマネージャーとして、会社の管理職に属するので、一般の労働者とは一定の区別がある。関連する規定では書面による未締結労働契約でも、内定書を発行しているならば、裁判所では管理職の「二倍給与」を支持してはいない。


3、曾氏は残業代を受け取れるのか?
≪労働法≫は社員が残業の際、企業が残業代を支給することが規定されているが、一般社員と比べると、管理職は責任を負わなくてはならないことが多く、より広範な業務上の職責からより高額な給与報酬を取得している。それゆえに一般社員に業務時間で管理職の労務またそれに対する機械的算出による報酬を判断することは難しい。一般に管理職に支給される高額報酬の中には多岐にわたる労働が総合的に考慮されている。そのため労働仲裁委員会と裁判所は軽率に管理職の残業代請求を認めていない。


4、法律は管理職の利益を保護していないのではないか?
ある面において一般社員と比べると、管理職の利益保護にはある程度の確かに違いがあるが、企業が管理職の利益をむやみに侵害してもよいわけではない。法律は管理職と企業の私的自治をより重んじ、双方の合意が極めて重要であるとしており、法律の強制的規定の違反もしくは他方の利益を侵害することがなければ、法的効力は発生しない。


企業側への提示:
労働法による管理職の保護は優勢となってはいないが、管理職と企業の間での相違や紛争が企業へ与えるダメージは一般社員よりはるかに大きい。いかに法律が企業に与えた特殊な「権利武器」を使い、リスクを防ぎ、損失を減らすかは企業が継続的に模索すべき問題である。
   
関連講座:
日時: 2014.9.19 《管理職、高給、技師などの基幹職管理の法務リスク実務》
 電話: 0512- 68551123  弁護士 常慧  18626286066

 

詳しい内容はこちらへ>>

お問い合わせ

サイトマップ | 広告について | 利用規約 | セキュリティと免責 | プライバシーの考え方 | 会社概要 | 苏ICP备08017532号-1

当サイト内のコンテンツ・文章・画像など一切の著作権は苏州中大通信息有限公司に帰属します。经营许可证编号:苏B2-20100142/苏B2-20100141