preg_replace(): The /e modifier is deprecated, use preg_replace_callback instead Error File: /eccore/view/template.php at 350 line.

サイトマップ | 広告について | 利用規約 | セキュリティと免責 | プライバシーの考え方 | 会社概要 | 苏ICP备08017532号-1

当サイト内のコンテンツ・文章・画像など一切の著作権は苏州中大通信息有限公司に帰属します。经营许可证编号:苏B2-20100142/苏B2-20100141

系统信息-- Powered by SJB2B

preg_replace(): The /e modifier is deprecated, use preg_replace_callback instead Error File: /eccore/view/template.php at 350 line.

サイトマップ | 広告について | 利用規約 | セキュリティと免責 | プライバシーの考え方 | 会社概要 | 苏ICP备08017532号-1

当サイト内のコンテンツ・文章・画像など一切の著作権は苏州中大通信息有限公司に帰属します。经营许可证编号:苏B2-20100142/苏B2-20100141

系统信息-- Powered by SJB2B

preg_replace(): The /e modifier is deprecated, use preg_replace_callback instead Error File: /eccore/view/template.php at 350 line.

サイトマップ | 広告について | 利用規約 | セキュリティと免責 | プライバシーの考え方 | 会社概要 | 苏ICP备08017532号-1

当サイト内のコンテンツ・文章・画像など一切の著作権は苏州中大通信息有限公司に帰属します。经营许可证编号:苏B2-20100142/苏B2-20100141

マイページ - アドレスリスト
もっと見る

ツアー

最新中国丁弁護士の法律講座
企業リスク対応~医療期間
最終更新: 2014-12-30 15:57:50

   捕获.JPG

   人は誰しもが大小様々な病気に罹ります。ですから、会社の従業員にとっては、病気で休暇をとるというのはよくある「小さな出来事」ですが、多くの従業員を抱える企業にとっては、この「小さな出来事」を重視しないために、ひどい目に遭うこともあります。そこで今回は病気休暇と医療期間に関連する法律問題を説明します。


医療期及びその期限
 元労働部が公布した「企業従業員病気或いは業務外の負傷に際する医療期の規定」第2条により、医療期間とは「従業員が疾病または業務外の負傷で、勤務を停止し、治療のための休暇をとる際に、労働契約を解除してはならない年限」を指します。
 医療期間の期限は、従業員の累計勤務年数及び、現在の会社での勤務年数によって定めます。上述規定の第3条により、従業員は疾病または業務外の負傷で、勤務を停止し、治療する場合、本人の累計勤務年数及び本会社での勤務年数によって、3〜24カ月までの医療期間を与えるということになっています。具体的な期限については、左の表をご参照ください。

1.jpg

 

医療期間と病気休暇期間の区別
 日々の生活の中で、医療期間と病気休暇期間の関係は常に混同されがちですが、法律的にはこの2つの違いを明確にしておく必要があります。医療期間は「法律が定めた固定の期限」であるのに対して、病気休暇期間は「従業員が実際に休んだ日数」を指します。


医療期間の待遇
 元労働部が公布した「『中華人民共和国労働法』の実施の貫徹における諸問題に関する意見」第59条では、「従業員が病気を罹患もしくは、業務と関係なく負傷した場合、定められた医療期間においては企業が規定に従い、病気休暇賃金または疾病救済金を支払わなければならない」と規定しています。そして、病気休暇中の賃金または疾病救済金の支払金額については、その地域の最低賃金基準を下回ることは許されていますが、最低賃金基準の80%を下回ってはならないとされています。
 さらに江蘇省の規定に関しては、病気休暇賃金は最低賃金基準の80%を下回ってはならないのと同時に、企業が最低賃金基準の80%の病気休暇賃金を支払う場合は、従業員個人が納付すべき社会保険料と住宅積立金を企業が支払わなければなりません。


医療期間内の従業員の解除
 「労働契約法」第42条により、「企業は医療期間中に過失のない従業員の契約解除を行うことはできず」(第40条)、また、「経済的な理由による人員削減をしてはならない」(第41条)とされています。つまり、医療期間中の従業員に対して、企業は30日前までに書面にて通知し、一ヶ月の賃金を余分に支給するの必要があるのみならず、経済的な理由による人員削減を行うことができないのです。ただし、医療期間中の従業員に対して、企業が絶対に解雇をしてはならないと言う訳ではありません。「労働契約法」では、企業が医療期間に過失のない従業員を解除できない、または経済的な理由によって人員を削減してはならないと定めていますが、同時に企業は「従業員の過ち」(第39条)、又は「協議」(第36条)によって労働契約を解除することができます。ですから、医療期間中の従業員に対して、企業は試用期間中の採用条件に合致していない、企業の規則制度に甚だしく違反するなどの理由で従業員との労働契約を解除することができますし、または従業員と協議して、経済補償金を支払った後に労働契約を解除することができるのです。


医療期間満了後従業員の扱い
 医療期間満了後、治療を受けた従業員が罹病又は業務外の負傷により、元の業務に従事することができず、企業が別途手配した業務にも従事することもできない場合、「江蘇省労働契約条例」により企業は法に従い労働契約を解除、終了することができますが、経済補償金を支払わなければなりません。また、従業員が労働能力鑑定委員会によって、労働能力を喪失した又は部分的に喪失したことが確認された場合、企業は更に従業員に対して、本人の6ヶ月分の賃金を下回らない医療補助金を支払わなければなりません。
 医療期間満了後、治療がまだ終わっていない従業員に対し、企業は労働契約を解除することができます。実際には従業員が病気休暇を私用休暇としてあて、企業は一時的に労働契約を解除しないこともあります。このやり方は双方の合意に基づくもので、操作性が強い方法と言えます。

お問い合わせ

サイトマップ | 広告について | 利用規約 | セキュリティと免責 | プライバシーの考え方 | 会社概要 | 苏ICP备08017532号-1

当サイト内のコンテンツ・文章・画像など一切の著作権は苏州中大通信息有限公司に帰属します。经营许可证编号:苏B2-20100142/苏B2-20100141